Laravelのログイン・登録・パスワードリセット・パスワード確認画面を日本語化する方法

ログイン・登録・パスワードリセット・パスワード確認画面を日本語化する方法

config/app.phpで日本語を選択

Laravelの設定を変更。

config/app.php

編集後はプロジェクトを再起動。

コマンド

日本語化ファイルを用意(.php)

“resources/lang/en”をコピーしてフォルダ名を”ja”にする。

コマンド

“resources/lang/ja”の各ファイルの中身を編集すると各画面の文言を日本語化できる。各画面とファイルの中身を見比べれば対応関係は分かるはず。

自分で日本語化するのが面倒なら、日本語化済みのファイルをネットから拾ってくるのもアリ(ただし、内容は要確認。)

minoryorg/laravel-resources-lang-ja

https://github.com/minoryorg/laravel-resources-lang-ja

※詳細な内容は未確認

日本語化ファイルをもう1つ用意(.json)

基本的には上記のファイルで大半を日本語化できるが、一部の文言などは別のファイルで対応しないといけない。

そのためのファイルとして”resources/lang/ja.json”を作る。

resources/lang/ja.json

これらは各viewにて”{{__(‘Hoge’)}}”で呼び出されている。

MEMO

ファイルからのテキストの呼び出しに前者の.phpファイルと後者の.jsonファイルの2種類が使用されている理由は不明。

前者の方が分かりやすい(用途に合わせてファイルを分割できるので1つのファイルが肥大化しにくい)ので、新たに日本語の文言が必要な場面では.phpファイルを使用する方が良いと思う。

なお、認証メールとパスワードリセットメールを日本語化する方法は以下を参照。

Laravelの認証メールとパスワードリセットメールを日本語化する方法Laravelの認証メールとパスワードリセットメールを日本語化する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です