【Laravel】マイグレーションで大文字と小文字を区別するカラムの作り方

マイグレーションファイルに記述する「カラムタイプ」の指定では大文字・小文字を区別することができないので生のSQLを書く必要がある。

database/migrations/2020_10_31_160700_create_hoges_table.php

なお、DB::statement()で記述しても通常のマイグレーション自体は正常に完了するし大文字と小文字の区別も問題なく行われるが、テスト実行時のマイグレーション時にはエラーが発生するのでDB::raw()を使う方が良い(理由は不明なので判明し次第追記予定)。

テスト実行時のマイグレーションで発生するエラー

参考

https://stackoverrun.com/ja/q/12512907

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です